Nutanix Acropolis Hypervisor(AHV)へのP2V

サーバー仮想化が出始めた頃ほどではありませんが、物理の仮想化環境への移行(P2V)についてのお問い合わせを頂くことがあります。
Nutanix Acropolis HypervisorへのP2Vに関して、Nutanix自身はツールの開発を行ってはいませんが、3rd partyのツールを使用することで比較的簡単にP2Vを行うことができます。
仮想化環境に慣れている人であれば、誰もが一度は使ったことがありそうな、あのツールを使って、実際にやってみました。

注意事項

以下の方法はNutanix公式のものではありません。お試しの際にはくれぐれも自己責任で…。
メモ書き程度ですが、ラボ環境でWindowsマシンを実際にP2Vした際の流れを書いておきます。

下準備

仮想環境へ移行したいマシンに、あらかじめAHV用のVirtIOドライバをインストールします。
移行作業を行う前にドライバを入れておくことで、移行先となるAHV上で、ゲストOSが正しいドライバを読み込めます。
なお、AHV用のVirtIOドライバはNutanixのポータルからダウンロードできます。
download.PNG
ちなみに、 上の画像にはNutanix VirtIO 1.0.1 for Windows と
Nutanix VM Mobility 1.0.1 for Windows というものがありますが、前者が今回のP2Vで使用したVirtIOドライバ、後者はV2V用のパッケージです。
後者にも前者と同じVirtIOドライバが入っていますが、それに加えて他の仮想環境向けに入っている最適化ツール(=VMware Tools)のサービスを自動的に止めたりするための機能が含まれています。

P2Vツール

VMware vCenter Converter Standaloneを使用します。
言わずと知れた、VMware社が無償で提供しているP2V/V2Vツールです。
VMware vCenter Converter Standaloneは、吸い出したマシンイメージに対して行う処理として、以下の2つを選択できます。
  • VMware環境にVMとして直接デプロイする
  • ファイルとして保存する(仮想マシン構成ファイル(.vmx)と仮想ディスクイメージ(.vmdk)が生成される)
Nutanixにインポートする場合はもちろん、後者の方法を使います。
直感的に使えるツールなので使い方の説明は省略しますが、かなり久しぶりに使った私でも特別な設定は一切不要でした。
↓こんな感じでファイルが出力されます。
vmdk.PNG

インポートと起動

NutanixのImage Service機能を使います。操作はPrism UIやCLIから行えます。
AVHはvmdkファイルやvhdファイルをインポートすることができるので、VMware vCenter Converter Standaloneが出力したvmdkファイルも、もちろん簡単に取り込めます。
インポートが完了したら、VMを作成して取り込んだvmdkファイルをアタッチし、起動します。
初回ログオン時にVirtIOドライバが初めて読み込まれたことで再起動を求められます。
再起動が済めば、P2Vは完了です。
もうこの辺りはV2Vする場合と全く同じなので、ぜひそちらも参考にしてください。
以上です。

コメント