2008年2月24日日曜日

キックスタートファイルの名前

フロッピーからキックスタートインストールの設定を読み込むとき、
    boot: linux ks=floppy
とすれば、フロッピーのルート直下に入っている
ks.cfgが読み込まれる。

今まで、上記の方法ばかり使っていたが、
    boot: linux ks=floppy:/ファイル名
とすれば、任意の名前のファイルが使用可能。



0 件のコメント:

コメントを投稿